ロゴ
HOME>アーカイブ>グラフィックデザインを学びたい方へ!専門学校がおすすめ

グラフィックデザインを学びたい方へ!専門学校がおすすめ

ペンタブレット

基礎が大切!グラフィックデザイナーになるために

グラフィックデザイナーになるための特別な資格はありません。ですが、デザインをする上で最低限使えておきたいソフトや取得しておくと良い技術などがあります。学校で学べることもあれば、持ち合わせてるスキルもあります。スキルがないから向いていないということではなく、その足りないスキルは専門学校でも身につけたり自分で磨いたりすることができるので、諦めないでください。グラフィックデザイナーになるために必要なことは、専門学校で徐々に身に付けていけるので、まずは何が足りなくて必要なのか、足りないものは素直に受け入れて学ぶようにしていきましょう。少しの心掛けで1つのスキルを磨くこともできますよ。

グラフィックデザイナーに必要なものやスキル!

色鉛筆

忍耐強さ

グラフィックデザインは、クライアントの要望や企画に沿って進めていく上で、頻繁に修正を行うことがあります。ですから、根気強く仕事をこなしていく忍耐強さが必要になってきますから、自分に足りないと思ったら忍耐力を釣るようにしましょう。

感性豊か&探究心が強い

グラフィックデザインはアートな世界です。流行や新しいものに敏感になって、デザインを作り上げていくことも求められます。感性を豊かに様々なインスピレーションを受けることも大切ですし、求めていく探究心を兼ね備えていることもデザイナーを目指す上では役に立ちます。

人と違う発想力を持っている

人々の目を奪うデザインや広告を作っていくには、人と同じものを作っていてはできません。個性豊かな発想力や、今までにないアイデアを生み出していくことが大切です。ですから、人と違う発想はグラフィックデザインの世界では強みになりますから、そういう人はデザイナーに向いているでしょう。

美的感覚の持ち主

色彩感覚を持っている人や独自の色使いができる人は、グラフィックデザインの世界では必要になってきます。また、絵を書くのが好きな人、創作することが好きな人も向いていることが多いでしょう。